モモレディ(MOMOLADY)の通販ならMTG OnlineShop

魅力的な内ももで もっと綺麗を手に入れる。

内ももがたるんでいる、あるいは いすに座ったときに足を閉じていられない。
そんな人の多くは内ももの内転筋が弱っていると言われています。
バランスの整ったももをつくるには、内転筋を鍛えることが大切。
MOMOLADYは、ももの間に挟んで力を入れることで、
日常生活で鍛えにくい内転筋を効果的に引き締めます。
メリハリのある内ももで綺麗を手に入れましょう。

感性工学を応用し、運動意欲を刺激する。
人が持つイメージや感覚、自ら行動に移すまでの
感性のはたらきをデザインに反映し、表現する。
それが「感性工学」の考え方です。
MOMOLADYは「感性工学」をデザインにとり入れ
継続的なエクササイズを可能にしました。
無理なく自然に続けられることが、美しさにつながっていく。
その考えから生まれた、人の運動意欲を刺激するフォルムです。
MOMOLADY モモレディ
ホールドカーブが運動意欲を刺激
脚の形にフィットし、ももを包み込む形状。 脚にはさめば、おのずと閉じたくなるデザインです。

モモレディの特徴

耐久性を高めたループスプリング
長期間使用してもバネが飛び出さないよう、両端を巻き込んだ構造に。
バネがへたりにくく、耐久性を備えた設計です。
MOMOLADY ループスプリング
ハンドレスト設計で集中トレーニング
手を置いて使用することで肩に余分な力が入らないため、内ももの集中トレーニングを可能にしました。
短時間で気軽にできる「ながらエクササイズ」
テレビを見たり、読書をしながら気軽に内ももエクササイズ。コマーシャル中の短時間でも、内ももをしっかり鍛えられます。



内転筋を鍛えることで、メリハリのある美しい内ももに。
Soft Shuts the Thigh
軽いストレッチで、筋肉をやわらげる
初めから大きな負荷をかけると体に無理な力が生じてしまいます。まずは脚の開閉を軽く繰り返し、筋肉を柔らかくしていきましょう。

Soft Shuts the Thigh
内ももに力を入れて、内転筋を引き締める
内ももに力を入れて強く引き締めることで、しっかり負荷をかけ内転筋を集中的に鍛えます。


専門家からのご意見
鍛えにくい内ももは、特化したトレーニングで鍛えることが必要です。
ももを引き締めるには内側の筋肉「内転筋」を鍛える必要がありますが、普段の生活で内転筋を使う動作はほとんどありません。
内転筋を鍛えるには、ももの筋肉を内向きに押し合う動きが必要不可欠です。
このようなトレーニングを行う場合、例えば立ち姿勢では身体を支えるためにどうしても肩や腕などに余分な力が入ってしまい、内ももに集中したトレーニングができません。効果的なトレーニングにするためには、他の部位へ余分な力がかからない姿勢で行うことが大切です。
内ももに力を集中させることで、ももに特化したトレーニングが可能になります。少しでも継続できるようご自身のライフスタイルに取り入れ、楽しみながら行ってください。
中京大学 スポーツ科学部教授 湯浅 景元
中京大学スポーツ科学部教授。一流スポーツ選手の技術分析や、市民の健康づくりのための運動研究の分野で活躍している。ひねり運動法を提唱し、著書、TV出演、書籍掲載など多数。医学博士でもある。
アップレディ
内転筋が衰えると…。
内転筋は脚を閉じるときに使われる筋肉です。この内転筋が衰えると、脚が外側へ向きがちに。さらに、ももやおしり周りにも脂肪がつきやすくなり、たるみの原因になってしまいます。
変形したライン 美しいライン
MOMOLADY モモレディ
現在お取り扱いがございません
ラッピング
商品名 MOMOLADY(モモレディ)
品番 LA-MM1831F-R
寸法 W約485mm×D約200mm×H約235mm
材質 生地:ポリエステル90%、ポリウレタン10% 本体:軟質ウレタンフォーム
バネ:スチール
●安全に関するご注意
ご使用の前に取扱説明書をよくお読みのうえ、正しくお使いください。
●禁止
次に該当する方は使用しないでください。
・お子様(ご自分で取扱説明書の内容が理解できない方)
・ご自分で意思表示が出来ない方
・身体の不自由な方

・心臓に障害のある方
・椎間板ヘルニアの方
・足・腰・手・首に痛みやしびれがある方
●警告
次の方は必ず医師とご相談のうえご使用ください。
・皮膚病およびアトピー性皮膚炎の方、敏感肌の方
・妊娠中の方や妊娠の可能性がある方、生理中の方
・出血性疾患などの血液異常の方
・紫斑になりやすい方
・麻酔などによって感覚が異常な状態、および知覚障害の方
・高血圧の方
・ねんざ、むちうち症の疑いのある方

・骨粗しょう症の方、また脊椎の骨折、肉離れなどの急性(疼痛性)疾患の方
・リウマチ、痛風などにより関節が変形している方
・めまい、ふらつき、耳鳴りなどの症状がある方
・病中、病後間もない方
・特定の病気をお持ちでない場合でも、高齢者や骨が弱いと思われる方
・過去に足・腰を痛めたことがある方
・股関節に痛みや異常のある方

ページTOPへ