アップレディ(UPLADY)の通販ならMTG OnlineShop

バストから、自信に満ちた美しさ。
バストから、自信に満ちた美しさ。

ハリのある美しいバストは女性の憧れ。
理想のかたちをつくるには
バストを支える筋肉を鍛えることが大切です。
UPLADYは、両側から水平に押し合うことで
胸、肩、背中、の3つの筋肉を刺激します。
さらに正しい姿勢をキープして、バストラインをより美しく。
女性らしい魅力と、自信に満ちた美しさを引き出します。

感性工学を応用し、運動意欲を刺激する。
人が持つイメージや感覚、自ら行動に移すまでの
感性のはたらきをデザインに反映し、表現する。
それが「感性工学」の考え方です。
UPLADYは「感性工学」をデザインにとり入れ
継続的なエクササイズを可能にしました。
無理なく自然に続けられることが、美しさにつながっていく。
その考えから生まれた、人の運動意欲を刺激するフォルムです。
バストから、自信に満ちた美しさ。
UPLADY アップレディ
アップレディ クロスフィットデザイン
人の感性を刺激するクロスフィットデザイン
「すき間を合わせたくなる」人の心理に着目したデザインで継続的に運動したくなる形を実現。シンプルでありながら高い効果を追求した設計です。
アップレディの特徴
コアシャフトが水平運動をサポート
アップレディ コアシャフト バネの中心にシャフトを通すことで、
ブレのない水平運動をサポート。
力を分散させず、
効率良く運動できます。
耐久性を追求したブロックカバー
アップレディ ブロックカバー 両端から強く押してもバネの先端が
飛び出さないよう樹脂のカバーを設置し、
耐久性を備えた設計です。
UPLADY ながらエクササイズ
短時間で気軽にできる「ながらエクササイズ」
身近なところに置いて、テレビを見ながらバストアップエクササイズ。コマーシャル中の短時間で気軽に運動することができます。
UPLADYは3つの筋肉を刺激して、美しいバストをつくります。
アップレディ
アップレディ
Breast
胸の筋肉をググっと刺激
大胸筋を鍛えることで胸のラインを引き上げ、
バストアップをサポートします。
アップレディ
Neck&Sholder
首から肩の筋肉にアプローチ
首から肩まわりの筋肉を動かして刺激し、
バストラインを支える筋肉を鍛えます。
アップレディ
Back
背中を鍛えて美姿勢キープ
UPLADYを水平に押し合うことで
背中の筋肉も鍛え、美姿勢をサポート。
バストをより美しく見せます。

専門家からのご意見
動的トレーニングと静的トレーニングの組み合わせによって、短時間でより大きな効果を導きます。
一般的に30代から胸の筋力が衰え、下垂が始まると言われています。
下垂を防ぐ対策としては、胸上部の筋肉を鍛え、バストを支える力を取り戻す必要があります。
まずは大胸筋と首から肩にかけての筋肉を鍛えることが不可欠です。筋力トレーニングには筋肉を動かして鍛える動的トレーニングと、筋肉に力を込めた状態を保持する静的トレーニングがあります。後者では静止状態をしっかりキープすることが重要であり、この2つのトレーニングを組み合わせることで、短時間で大きな効果が得られます。
さらに、バストを美しく見せる為には美しい姿勢が欠かせません。
背中の筋肉が保たれていれば美しい姿勢がキープでき、胸が開くことでバストをより美しく見せることができるのです。
これらの運動は続けることで効果を発揮します。
まずは日常生活の中にこの運動を取り入れ、習慣化を心掛けましょう。
中京大学 スポーツ科学部教授 湯浅 景元
中京大学スポーツ科学部教授。一流スポーツ選手の技術分析や、市民の健康づくりのための運動研究の分野で活躍している。ひねり運動法を提唱し、著書、TV出演、書籍掲載など多数。医学博士でもある。
アップレディ
バストラインにハリがなくなると…。
年齢を重ねるとバストの筋力が落ち、上部のボリュームが落ちていきます。
次第に下部がたわみ、最終的にバスト自体が下がってしまいます。
変形したバスト 美しいバスト
UPLADY アップレディ
ラッピングで購入する
ラッピング
商品名 UPLADY(アップレディ)
品番 LA-UP1832F-R
寸法 W約290mm×D約190mm×H約190mm
材質 生地:ポリエステル90%、ポリウレタン10%
本体:軟質ウレタンフォーム、 ポリプロピレン、ポリアセタール バネ:スチール
取り外しカバー:ポリエステル90%、ポリウレタン10%
●安全に関するご注意
ご使用の前に取扱説明書をよくお読みのうえ、正しくお使いください。
●禁止
次に該当する方は使用しないでください。
・お子様(ご自分で取扱説明書の内容が理解できない方)
・ご自分で意思表示が出来ない方
・身体の不自由な方

・心臓に障害のある方
・椎間板ヘルニアの方
・腰・肩・手・首に痛みやしびれがある方
●警告
次の方は必ず医師とご相談のうえご使用ください。
・皮膚病およびアトピー性皮膚炎の方、敏感肌の方
・妊娠中の方や妊娠の可能性がある方、生理中の方
・出血性疾患などの血液異常の方
・紫斑になりやすい方
・麻酔などによって感覚が異常な状態、および知覚障害の方
・高血圧の方
・ねんざ、むちうち症の疑いのある方

・骨粗しょう症の方、また脊椎の骨折、肉離れなどの急性(疼痛性)疾患の方
・リウマチ、痛風などにより関節が変形している方
・めまい、ふらつき、耳鳴りなどの症状がある方
・病中、病後間もない方
・特定の病気をお持ちでない場合でも、高齢者や骨が弱いと思われる方
・過去に腕・肩・ひじ・手首を痛めたことがある方

ページTOPへ