ホーム ReFa TOP ReFa Platinum Life Vol.9

"ReFa Platinum Life" vol.9 -前篇-
木佐彩子KISA Ayakoフリーアナウンサー




 

元フジテレビアナウンサーとして報道からバラエティまで幅広いジャンルで活躍し、溌剌としたキャラクターで一躍人気アナウンサーとなった木佐彩子さん。夫の石井一久投手のメジャーリーグ移籍に伴い渡米し、帰国後の2006年よりフリーアナウンサーへ。子育てと仕事を両立しながら、ますます輝き続けています。


昔と変わらぬ明るい笑顔で周囲を和ませる木佐彩子さん。悩みとは無縁のようですが、冬は乾燥と冷えが大敵なのだとか。




 

「仕事柄、スタジオのライトを浴びることで肌が乾燥しがちなのですが、冬はなおのこと。40歳を過ぎて加齢も加わるので、最大限食い止めようと努力しています。ご飯が炊きあがったら、炊飯器の湯気をスチーム代わりに浴びたり(笑)。キッチンにも化粧水を置いて、気づいた時にパシャパシャつけて保湿してみたり……。それと、お風呂には30分〜40分しっかり入ります。多いときは一日2回。バスルームにいろんな種類のアロマオイルやバスソルトを並べているので、その日の気分に合わせて香りをセレクト。私は人一倍、嗅覚が鋭いみたいで、直感で選んだオイルが、効能的にも体の状態に合っているんですよね」



 

そう話す木佐さんのもう一つの悩みが冷え性。友人に紹介されたフィンランド製靴下が手放せず、バッグにいつもしのばせているといいます。

「この靴下、内側がボアになっていてすごく暖かいので、自宅ではスリッパ代わりに履いているんです。素敵なレストランでも、足が冷たいなぁと感じたら、テーブルの下で見えないようにこれを履いちゃうの(笑)。心の底から食事や集まりを楽しみたいので、恰好よりも自分が心地いい状態にしていたいんですよね」



 

日々のちょっとした時間で悩み対策しながら、心の声に従い、心地いい状態をつくりだすのが上手な木佐さんが、特にこだわっているのが素肌の美しさ。

「テレビのお仕事だとしっかりメイクすることが多いので、毛穴の汚れを落とすクレンジングや洗顔にはこだわります。ベースがくすんでいると、どれだけ塗り重ねても美しくないですよね。新製品のReFa CLEARを試してみて、肌がブルブルするぐらいの振動を想像していたら、なでるような優しい動きに驚きました。熊野筆の肌ざわりは、何とも心地よくて。こんなにも気持ちよく毛穴に溜まった汚れまでしっかり洗浄してくれるなんて、とても新しいと思いました!近くで見られても臆することのない素肌であれば、心も晴れやかになって自信を持ってカメラの前に立てるんです」


何よりもベースを大切にする木佐さん。肌を傷つけることなくクリアな素肌へ導くコンセプトは、彼女が目指す素肌づくりにピッタリはまったようです。


"ReFa Platinum Life" vol.9 -後篇-
木佐彩子KISA Ayakoフリーアナウンサー


 

フリーアナウンサーとしてニュースやスポーツ番組など幅広く活躍しながら、母として子育てにも奮闘する木佐さん。自然体でいられる秘訣は、オンオフの切り替えにあるとか。


「仕事を抱えていても、お家でピリピリすることはないですね。フジテレビ時代に生放送の番組で数々の失敗や経験を乗り越えてきたので、気持ちをうまく切り替えることが自然と身についたのかもしれません。それに完璧主義じゃないことやマイペースな性格も大きいかも。子どものお弁当の仕上がりがひどくても、食器が片付いていなくても落ち込むことなく、“まぁいいか”って明るくやり過ごせる。“まぁいいか”がちょっと多すぎるんですけど……(笑)」




 

アメリカ流の子育てから、自分時間を持つ大切さを学んだという木佐さん。そのリフレッシュの楽しみ方が、輝き続ける原動力になっているようです。


「子供を送り出した後の朝7時〜9時をゴールデンタイムと呼んで、自分時間を楽しむようにしています。美味しいコーヒーを飲みたい日は豆から挽いたり、二度寝したいときは寝たり。ストイックにこれをやらなければと決めるのではなく、本能のままに自分の好きなことをする時間を持つことで、おうちの中にも心地いい空気が流れている気がします」



ライフスタイルも美容も“素”を大切にし、心地いいと感じることに貪欲な木佐さんが、その使い心地に納得したReFa CLEAR。どんなところが魅力に感じたのかを伺いました。

「お友達から、肌にごしごし刺激を与えるのはよくないとアドバイスされ、それまで雑だったクレンジングや洗顔を見直し始めていたこところなんです。そんなときに、このReFa CLEARを体感する機会をいただき本当にタイムリーでした。世界初のテクノロジーにより手洗顔では落としきれなかった汚れを、肌に負担をかけることなくしっかりオフ。超極細の熊野筆のやわらかな肌触りは想像以上で、使い続けることで自分の素肌がどう変化していくのか楽しみになりますね」


 

ReFa CLEARの想像を超える優しい洗顔体験をお友達に教えてあげたくなったと言う木佐さん。クリスマスシーズンとなるこれからの季節。木佐さん流ギフトへのこだわりも教えていただきました。

「自分が気に入ったものは、“よかったから使ってみて〜”とさりげなくプレゼントします。調味料や小物などの気軽なものだと相手にも気を使わせませんし。自分が好きなものは、一緒に共感してほしくなるタイプ。反対にギフトを贈られるなら、私がこだわっているアイテムや、自分ではちょっと贅沢かな?と躊躇していたものをいただくと“わたしのことをわかってくれているんだな”と嬉しくなります。ReFa CLEARもそんなアイテムのひとつ。頑張ったご褒美として、自分にプレゼントするのもありですね」

自然体で生き生きと輝く木佐さんを見ているとライフスタイルも肌も“素”や“心地よさ”を大切にすることが、キレイに歳を重ねる秘訣であることを教わった気がします。



今回ご紹介したアイテム
ReFa CLEAdR & ReFa MEDICAL CREAM WASH  詳細・ご購入はこちら

Profile
木佐彩子/KISA Ayako[フリーアナウンサー]
1971年生まれ。元フジテレビアナウンサー。報道・バラエティなどで幅広く活躍。
米国の女性キャスターの先駆けコニー・チャンに憧れて、青山学院大学在学中にテレビ朝日『CNNヘッドライン』で放送デビュー。2002年、夫・石井一久投手のメジャーリーグ移籍に伴い渡米。2006年に帰国し本格的にフリーアナウンサーとして復帰。