女優・モデル 高橋愛さん

モーニング娘。の6代目リーダーとして知られ、女優、モデル、自身のアパレルのディレクション、YouTubeチャンネル開設と多方面に渡って活躍しSNS総フォロワー数は400万人を突破。アイドルとして10代でデビューを果たし、歳を重ねるにつれ自身の美容ケアにも変化が生まれたという高橋愛さん。発信者として大切にしていることを聞いた。

20代から30代へ。 美容に対する姿勢の変化

年齢を重ねていくと同時にご自身が感じた肌の変化を教えてください。

「身体に取り入れるものが、ダイレクトに肌に表れるようになりました。
年齢を重ねるごとに化粧品を変えることは勿論大切ですが、健康面も考慮し、基礎的な食事法や生活習慣も見直さないと!と考えるようになりました。
また、20代の頃は「今のうちにやらなきゃ」という、どこか焦る気持ちで美容に取り組んでいたのですが、30歳を超えてからは“美容を楽しみたい”という気持ちが徐々に芽生えてきました。「あれ塗らなきゃ、これしなきゃ」のような義務を自分で課さないようになりましたね。
肌本来が持つ力を育てるために、あれこれと化粧品を重ねるのでは無く、余分なものはつけない、取り除くといった「美容の引き算」を心がけています。
シンプルなケアをすることで肌本来の力を高められて、それが一番美容にいいことだなと気づくようになりました。」

これまでの美容習慣から引き算をして肌本来のキレイを高める

「美容の引き算」について、高橋さんが実践した内容を詳しく教えてください。

「昨今の環境変化、不規則な生活の中で一つ一つの習慣や、それに付随するアイテムを見直しました。
例えば、ボディソープを使用せずに身体を洗ったり、シャンプーを使わない日を作ったり。スキンケアアイテムや薬に頼るのではなく、肌本来のキレイを高めるよう意識しています。
リファファインバブル Sは、ファインバブルが見えない汚れを落としてくれるので、余分なアイテムを使用しないで過ごしたい今の私の考えにぴったり!
昨夜もボディーソープを使用せず、シャワータイムを終わらせました。」

コスメを選ぶように、自分好みの美容法を見つける

リファファインバブル Sを使ってみて感じたことを教えてください。

「どんどん 削ぎ落とされていくような、私が理想とする「美容の引き算」を叶えてくれるプロダクトだと感じました。毛穴の汚れを落としてくれて、肌を温め、潤いを与えてくれる。お風呂上がりの身体に何か塗るのが好きではないので、アウトバスのケアもぐっと楽になりましたね。それからメイクを落とすクレンジングはどうしても肌を痛めてしまいがちじゃないですか。シャワーヘッドから出るミストモードの優しいお湯で洗顔できれば、必要以上に肌に負担をかけずに済みます。頭皮の汚れは2分程度シャワーを当てると大体落ちると言われるので、さっそく水圧の強いジェットモードで実践しているところです。

どこかでひとつでも手間を省けるならシャワーヘッドを使って汚れを落としたいですよね。毎日続けられて幸せになれる方法は、私自身が常に探していました。シャワーヘッドでモードを選んで切り替える楽しみは「今日はどうしようかな?」ってコスメを選ぶような感覚をシャワーヘッドで見つけた!という感じですね。」

表現者として前線を走る高橋愛が理想とする姿

最近はアパレルブランドやYouTubeも始められ、SNSの総フォロワー数400万人を突破。表現者として常に前線で活躍されていますが、表現する側に立つことで意識されていることはありますか?

「自分が今求められていることを考えたり、自身を客観視したりすることを意識しています。 制作や編集側にまわることもあるので、その大変さを痛感している毎日ですが、自分で世界観を作れる場所ができました。自分の興味があることを発信したいので、常に自分が発することに対して責任を感じています。モチベーションは見ている人には伝わるものなので、これからもリアルを伝えることを大事にしていきたいです。リファファインバブル Sもそうですが、良い情報ってシェアしたくなるもの。そういうアイテムに出会えてラッキーだと思っています。良い影響が広がり、繋がりが増えることが理想ですね。 」

ページトップへ