キュアピスト 岩佐由美さん

大手エステサロンでエステティシャンとして活躍後、独立して数多くのサロンを運営されている岩佐由美さん。各種マッサージやリンパドレナージュ、整体、生理解剖学、栄養学などを融合した「キュアトリートメント」を考案し、協会を設立。これまでのエステの枠を越えたその技法を国内外に広める活動をしながら、商品開発や監修、スクール運営、他店のプロデュースなど自身の専門性と経験を活かし幅広く手掛けている。今でも現場に出てお客様に向き合うことを大切にする岩佐さんに聞いた、身体本来の機能を取り戻して美しくなる秘訣とは。

悩みの根本原因がどこから来ているのか 知ることから始まる

岩佐さんが考案されたキュアトリートメントについて教えてください。

「キュアトリートメントとは、エステのようにうわべだけのマッサージを行うものではなく、お客様の身体本来の機能を改善することを目的としています。そのため施術は勿論のこと食事や運動習慣までサポートし、身体の内側から立て直していくんですね。本来の機能を取り戻した身体で過ごすことで、日々のコンディションが整い、お客様の豊かな人生づくりに繋がると考えています。」

キュアトリートメントではどのように全身のトリートメントを行うのでしょうか。

「まず、お客様が自分では気付けない本当の原因を探るために、頭からつま先までくまなくトリートメントするのですが、お客様によって身体の状態が違うので、お客様のお悩みがどこから来ているのか知ることから始めます。例えば肩こりであれば、その原因が腕から来ているのか、頭なのか首なのか背中なのか、ということを一つひとつチェックするんですよ。チェックしてそのお客様に合った施術をする、これをしないで表面的なケアをしていてもダメなんです。人の身体はすべて繋がっているという考え方を大切にしています。歩き方、顔色、姿勢、筋肉の付き方、骨の動き方、身体の動かし方…、パッと見ただけで、どのような生活をされているのかも分かるようになってきますね。」

まるでホームエステ。 バスタイムに心と身体をコントロール

リファファインバブル Sをお使いになられた感想を教えてください。

「ミストモードのふわっと霧状に近いミストで全身が包まれるような感覚が好きですね。まるでホームエステのような感覚があってリラックスできます。『ああ、今日も一日終わったな』と思いながら全身くまなくミストを浴びています。
トリートメントを行う私たちのコンディション、例えば体調が悪いとか気持ちが沈んでいるとかって、全部ダイレクトにお客様に伝わってしまうと思うんですよ。だからこそ、まず自分の心と身体をコントロールして、無理をしない、ストレスを溜めないなど、日々バランスを取ることを大切にしています。そんなとき、バスタイムにしっかりリラックスできるのはとても良いですよね。」

リファファインバブル Sは普段どのように使われていますか。

「その時の自分の身体の状態や気持ちに合わせてモードを選んで使っています。普段は前傾姿勢でお客様をトリートメントするので、首や肩、腰にどうしても負担がかかるんです。そんな疲れが溜まっているなと感じる場所にジェットを当てるとすごく気持ちがいいです。あと、シャワーヘッドをバスタブに入れてつくるシルキーバスは私的には温泉に入っている感覚になって。全身をトリートメントするという考え方はうちのトリートメントと似ていますね。」

不必要に落としすぎない。その考え方を実践できるシャワーヘッド

身体の汚れを落とす時に大切にされていることはありますか?

「汚れってこすれば落ちると思っている人はまだ多いと思っていて。私たちの身体には代謝がありますよね。運動したり暑かったりしたら汗が出て、その時に汚れも自然と排出されてるんですよ。ですから無理にゴシゴシする必要はなくて、やさしい力で十分落とせるんですよね。むしろ、強い界面活性剤や摩擦で肌表面の保護膜を取り去ってしまっている人が多いと感じます。」

シャワーの水と汚れ落ちの関係について教えてください。

「強い水圧や熱いお湯で浴びた方がスッキリして良いと考えている方も多いのではないですかね。そうしたことは肌には逆効果。肌というのは想像以上にやわらかく、刺激や摩擦に常にさらされているので、肌本来のバリア機能を守ることが大切です。リファファインバブル Sを使うと、必要なものを残して余分なものだけを落とせるのが本当にいいですよね。
私もボディソープはずっと使っていなくて。リファファインバブル Sを使った後は保湿されている感じがするので、ボディクリームも使わなくなりましたね。あと、シャンプーの泡立ちがすごく良くなって、使う量が減りました。

うちの子どもも使っていますが、子どもの皮脂汚れって普通にシャワーで流しても結構落ちないんですよ。リファファインバブル Sは汚れをやさしく落とすといっても細かい泡が毛穴にしっかり入ってくれるので、ちゃんと洗い流せるのがいいですよね。」

常に美しさの本質と向き合い続ける岩佐さんのビジョン

今でも現場に出ることを大切にし、お客様に向き合ってキュアトリートメントを進化させ続けている岩佐さんの、今後の展望を教えてください。

「私たちの行うキュアトリートメントは、お客様のうわべだけを綺麗にするものではなくて、内側からお客様のすばらしさを引き出すものなんですね。なのでこういう時期でもお客様がサロンに通ってくださることに感謝していますし、もっともっとお客様が心も身体も元気になれることをしたいなと思っています。
実は海外に新たな拠点を展開するはずだったのですが、こんな状況なのでなかなか難しくて。ただ、そんな中でもお客様と従業員を守るために挑戦し続けていきたいと思っています。」

ページトップへ