椿が生み出すちから

9年の研究から生まれた2つの独自成分 五島の椿由来の美容成分がつややかな椿肌を育む

世界初※1 潤い成分「椿葉クチクラ」※2 × 特殊培養 弾力成分「椿酵母エキス」※3

※1 化粧品原料として椿の葉のクチクラを世界で初めて国際表示名称であるINCI名(Camellia Japonica Leaf Wax)として2017年3月9日登録
※2 ツバキ葉ロウ(保湿) ※3 サッカロミセスセレビシアエエキス(整肌)

独自成分1 世界初※1 潤い成分「椿葉クチクラ※2」肌が輝くような「つや」

潤いを閉じ込め、輝くつやを守り続ける「椿葉クチクラ」 ※2を世界で初めて ※1化粧品原料化し配合しました。

「なぜ、椿は冬の厳しい環境下でも肉厚でつややかなのか?」この疑問から着目した椿の葉。調べると、寒く乾燥した外界から守っているのが、葉の表面にあるクチクラ層で、椿はこのクチクラ層が特に発達していることがわかりました。摘んでも萎れないほど水分を留めることから、天然のワックスと言われています。

クチクラ層の図
皮脂膜の図

クチクラ層は、葉表面で外界からの刺激から葉を守り、水分が蒸発するのを防ぐ役割を担っています。肌で言うと、皮脂膜が同じバリア機能を担っています。

クチクラの検証 (自社検証 2019年3月)

椿の葉を2枚用意。1枚はクチクラ層を除き、24時間放置後の変化を比較。クチクラを取り除いた葉は変色し、縮んでいる。

研究の結果、つややかな椿の葉から抽出したクチクラは、少量でも高い水分保持能力を持つことがわかりました。もともと水分保持能力の高い椿油に、椿葉クチクラを少量配合すると、保湿効果が1.3倍向上。さらに高い保湿効果を示しています。

水分保持能力比較 (自社検証 2019年8月)

研究を重ね、肌にも環境にも優しい方法で椿のクチクラ層を抽出し原料化することに成功。2017年に世界初の化粧品原料としてINCI名登録をいたしました。※1

私たちの商品には、この保湿効果の高い「椿葉クチクラ」を潤い成分として配合しております。

水分保持能力比較 (自社検証 2019年8月)

※1 化粧品原料として椿の葉のクチクラを世界で初めて国際表示名称であるINCI名(Camellia Japonica Leaf Wax)として2017年3月9日登録
※2 ツバキ葉ロウ(保湿) ※3 サッカロミセスセレビシアエエキス(整肌)

独自成分2 弾力成分「椿酵母エキス※3」驚くほどのハリのある毎日へ。

通常酵母には適さない冬の厳しい環境下で生息する「椿酵母」。その強いエネルギーを独自製法により特殊培養し、化粧品原料として配合しました。

「なぜ、椿の花には雪がつもらないのか?」この疑問から「花の温度が周りより高いのではないか?」の仮説へと変わり、始まった椿の花の調査。調査の結果、花の蜜付近で生息している酵母を発見しました。

ビタミン含有料比較
椿花のサーモグラフィー (自社測定2018年11月)

実際に温度を測ると、酵母が生息する花の子房は、周りより温度が高いことを確認。これは、椿の蜜の糖分を使い発酵することで、温度を上げていると考えられます。

通常酵母が生息しない厳しい冬の環境下で生命活動を行う椿酵母の生命力に着目。研究を進めた結果、この酵母には、ビタミン、必須アミノ酸といった人の体内ではつくれない美容成分が豊富に含まれていることがわかりました。

ビタミン含有料比較

一般酵母:日本食品標準成分表2015年版(七訂)パン酵母 参考
椿酵母:日本食品分析センター 分析結果

この椿酵母の秘めたパワーを化粧品原料として特殊培養したのが「椿酵母エキス」※3 です。
私たちの商品には、この「椿酵母エキス」※3 を弾力成分として配合しております。

※1 化粧品原料として椿の葉のクチクラを世界で初めて国際表示名称であるINCI名(Camellia Japonica Leaf Wax)として2017年3月9日登録
※2 ツバキ葉ロウ(保湿) ※3 サッカロミセスセレビシアエエキス(整肌)

商品ナインナップ

ページトップへ