腹筋

一般に腹筋と呼ばれる筋肉、腹直筋

腹直筋は、腹部の前面にあり、筋腹が上下4から5段に分かれています。 背中を前方に丸めたりする働きを持つ体幹屈曲の主力筋。正しい姿勢を維持する働きもあります。
俗にいう「シックスパック」は、この腹直筋が、鍛えることによって6つに割れて見えるところからそう呼ばれています。

腹直筋の豆知識

腹直筋は、とても薄い筋肉で、実は鍛える前からすでに6つに割れています。では、なぜ鍛えていない人はシックスパックではないのでしょうか?
その理由には、腹直筋の上に余分な脂肪があることと、腹直筋が十分に発達していないことの2つがあげられます。 体脂肪が極めて少なくなると、凹凸があまりない腹直筋を確認できることがありますが、だからといって自然とできるものはありません。
きれいなシックスパックを手に入れるためには、体脂肪を落とし、さらに腹直筋を発達させるトレーニングが継続的に必要になります。

腹筋を鍛えるには、腹筋のトレーニングを継続して行うことが大切

腹筋を鍛えるには、腹筋のトレーニングを継続して行うことが大切です

いわゆる腹筋の運動(上体おこし、シットアップ)を毎日200回、300回と数多く行えば腹筋が鍛えられるでしょう。
さらに効率よく腹筋を鍛える方法として、腹筋ローラーを使ったり、プランクと呼ばれるトレーニング方法も話題です。
腹筋の鍛え方は重要ですが、鍛えるうえで一番の大きな壁は、毎日の生活の中で腹筋のトレーニング時間を確保し、継続してできるかどうかです。
腹筋を鍛えたい気持ちはあっても、余暇の時間を大切にすることで腹筋のトレーニングをする時間を後まわしにし、その結果、トレーニングは長続きしないで終わってしまうことも少なくありません。

きれいなシックスパックを手に入れるためには、体脂肪を落とし、さらに腹直筋を発達させるトレーニングが継続的に必要

トレーニング専用の時間を確保することなく、EMS*を使って腹筋を鍛える

EMS*トレーニング・ギア SIXPAD Abs Belt、SIXPAD Abs Fit 2を使うことで腹筋を鍛えることができます。
Abs BeltAbs Fit 2は6つのウイングが腹筋にぴったりフィットし、腹筋に直接EMSがアプローチします。さらに、Abs Beltなら脇腹などお腹周りも効率的に鍛えることが可能です。

継続して腹筋のトレーニングをするのに必要なことは、毎日SIXPADを身に着けてトレーニングをスタートするだけ。あとはテレビを見たり、本を読んだりしながら腹筋のトレーニングが行えます。いろいろなことをしながらトレーニングができれば、続けられると思いませんか?

*EMS(Electrical Muscle Stimulation = 筋電気刺激)

腹筋にぴったりフィットし、腹筋に直接EMSがアプローチ

SIXPAD Abs Belt ×プロフットボーラー 槙野 智章

腹筋にアプローチする商品一覧

お腹周りを効率的に鍛える

S/M/L 通常価格 ¥39,800 [税込 ¥42,984]
LL/3L 通常価格 ¥43,000 [税込 ¥46,440]

詳しくみる / 購入